海外就職は難しい?就職しやすい会社と国の選び方を徹底解説

転職

「海外就職って優秀な人じゃないと難しいよね?」

と考える人が多いですよね。

確かに、日系企業から海外駐在に行く人は優秀な人材が多いです。

一方で、国や会社の選び方を工夫すれば海外で就職するのも夢ではありません

この記事では、海外就職は難しいと思っている人に向けて、

就職しやすい会社・国選びの方法をご紹介しています。

筆者はアメリカでの現地採用を経験しているので、
海外就職を考えている人は是非最後までご覧ください。

海外の日系企業の現地採用に応募する

現在、駐在員よりも現地採用を増やしている企業が増加しています。

現地採用の方が、駐在員よりもコストが低いことが要因です。

また、日系企業だと英語力の高さは海外企業よりも求められません。

駐在員の高待遇には叶いませんが、現地で充分生活できるほどの給与は貰えます。

海外企業を目指している人でも、数社の日系企業に応募してみましょう。こちらも参考にしてみてください。数年単位で海外就職を考えてみる必要があります。

日系企業の現地採用が多い業界

  • 製造業
  • サービス業
  • 運輸行
  • 郵便業

>>indeedで探す

>>Linkedinで探す

東南アジアに就職する

「どこでも良いけど、海外に就職したい!」と考えてる人は、東南アジアでの就職も視野にいれましょう。

東南アジアで就活する理由

  • 英語力がそこまで高なくても就職できる
  • 欧米に比べたら日本に近い
  • 日本人用の人材紹介サービスが多い

英語力がそこまで高くなくても就職できる

「海外就職って英語ができなくても内定貰える?」

と疑問に思う人もいますよね。

英語ができたことに越したことありませんが、

東南アジアでは欧米よりも英語力が低くても就職しやすい傾向にあります。

yasu
yasu

欧米とは違い、東南アジアは英語が第二言語・外国語の国が多いからです。
そして何よりも生き抜くための力がついてくるのではないでしょう。

ある程度、期限を決めて目的もって海外就職するというのも非常にいい経験でしょう。

英語が第一言語の地域では、ネイティブ相当の英語力とネイティブ以上の成績を残さなければなりません。

これは、英語話者が多いヨーロッパでも同じです。

一方で、東南アジアでは現地の人も英語がネイティブレベルではありません。

そのため、英語に自信がないけど海外で働きたい人に最適な地域です。

欧米よりも東南アジアの方が距離的にも就職しやすい

海外就職は、人からの紹介で入社するのが一般的です。

そのため、就職活動中はできる限り働きたい国で活動することをおすすめします。

「初めての海外就職で不安」と考えている人は、

東南アジアでの就職を考えてみましょう。距離的にも近いなんとなく安心すると思いませんか。

わかりやすい動画をご覧ください。

日本人用の人材紹介サービスが多い

東南アジアには多くの日系企業が進出していることもあり、

日本人用の人材紹介サービスもあります。

欧米や他の地域に比べて、東南アジアでの求人が多いことも特徴です。

日本人用人材紹介サービス

アブローダーズキャリアは、アジア専門の求人サイトです。

マイナビ転職グローバルとリクルートグローバルファミリーは、欧米の求人もありますが、アジアでの求人に力を入れています。

また、Pasona SingaporeGood Job Creations(シンガポール専門の求人サイト)など、

国ごとに日本人用の求人サイトが出てきますよ。

転職の王道と言えばやはり、リクルートです

日本での転職専門と言えばリクルートは、転職する際にエージェントがサポートしてくれるリクルートエージェントは安心してアドバイスがいただけます。

yasu<br>
yasu

「何からしたらわからない」という人は、

まずはアジア地域にも強いリクルートエージェントに転職について様々な悩みを相談してみてもいいですね。。
リクルート転職支援サービス登録無料なので相談して自分の想いの丈を打ち明けてもいいですね。

海外就職は難しい?就職しやすい会社と国の選び方を徹底解説  まとめ

今回は、海外就職は難しいと思っている人に向けて

会社・国選びのやり方をご紹介しました。

就職しやすい会社・国の選び方

・日系企業の現地採用に応募する

・東南アジアに就職する

海外就活をするのに大事なのは、

常に積極的に行動をすることです

求人に強い就職エージェントのリクルートエージェント支援サービスに申し込んで、いつでも相談できるよにしておいてもいいですね。
事前に色々な情報を仕入れておくことでいつでも積極的に行動に取り掛かれる準備をしておきましょう。

こちらは、海外転職に関する記事なので参考にしてみください。

タイトルとURLをコピーしました