オンライン英会話まとめ記事はこちら!

日本の学校行事を英語で解説!海外の人に伝えたい伝統的な学校文化とは

英語学習

文化の違いっておもしろいですよね。

みなさんは日本にはあって海外にはない学校の行事をご存じですか?
日本にはないけど海外にある学校の行事をご存知でしょうか?

今回は海外との学校の違うところ、日本特有の学校行事の説明についてまとめました。

海外の方に日本独自の学校文化を伝え、もっと日本を知ってもらいましょう!
そして、学校関係者の方もお子さん達に海外の学校行事を教えてみてください。

日本の学校行事と海外の行事の違うところ 

student sitting on chairs in front of chalkboard

日本の学校と海外の学校の違う習慣をいくつかまとめてみました!

これだけでも文化の違いを感じることができます。

始業時期 

現在日本の学校では4月から1年がはじまりますが
アメリカをはじめヨーロッパの多くの国は9月スタートが多いようです。

この違いは何であるのかなと思っていましたが、意外と習慣的な事だったんですね。
日本も元々は9月スタートだったようです。

今では4月入学が当たり前になっている日本ですが、江戸時代に寺子屋や私塾のような学び舎ができた頃は、入学時期等は決まっておらず、好きなときに入学することができました。

明治時代に入ると、西洋の文化が一気に流入してきて、それに追従するように大学の前身となる官立学校が秋入学を採用するようになりました。しかし、秋入学といっても、入学月は学校ごとにバラバラだったそうです。その傾向が大きく変わったきっかけは、現在の筑波大学の前身である高等師範学校が4月入学を採用したことでした。

この4月入学は政府が4月から3月までを一区切りとする「年度」を導入したのに合わせたものといわれています。こうした年度の設定については、諸説がありますが、有力な説として当時、政府の主要な税金収入源だった米の収穫時期に合わせた、というのがあります。米を換金し、収支を把握、さらに、予算編成をするということを考慮し、時期を逆算すると4月頃が都合が良かったということです。

また、当時勢力を拡大しつつあったイギリスの会計時期とも一致していた、ということも判断理由となったそうです。

引用元はこちら

一貫教育 

一貫教育とは幼稚園から高等学校、大学まで同じ、もしくはグループの学校で教育を行う方針のこと

アメリカやカナダをはじめ英語圏を中心に一貫教育が導入されています

5歳から18歳までの13年間は義務教育期間となり、飛び級制度があるため年齢ではなく学力に応じた学年で学習するそうです。

この飛び級制度があるから、どんどん大学生になってしまう少年がいるのです。
まさに、実力主義の国のイメージです。

日本では年齢で幼稚園、小学校、中学校、高等学校とわかれていますね。

給食 

日本の学校ではお昼ごはんの時間になると教室給食が一般的ですよね。

海外では学校にカフェテリアがある国が多く、生徒が自分で食べたいものを選べたりします。

学校にカフェテリアなんて、ちょっとあこがれちゃいますね。

こんな感じのイメージじゃないですか?!(^^)!

高校でも、こんなカフェテリアでランチをしてみたいなんて思った事ありませんか?

こういった自由は、日本には中々ないから憧れちゃいます。

海外にあって日本にない学校行事3つ 

yellow school bus on road during daytime

日本で育つと体験することのない海外の学校の行事や文化も気になりますね。

同じイベントが日本で行われていないのには宗教の違いはもちろん、国民性の違いも関係していそうです。

イースター 

イースターとはイエスキリストの復活を祝う祝祭のことで”春分の日後の満月の次の日曜日”がイースターの日だそうです。
キリスト教徒の多い国ではイースターの日をお祝いします。

うさぎと卵がイースターの象徴で、イースターの日は主に家族や友人とごちそうを食べたりゲームをして遊びます。

こどもたちは学校でイースターエッグをつくったり隠されたイースターエッグを探すイースターハントというゲームも行われます。

プロム

プロムはおもに最終学年(高校3年)の生徒たちが、思い思いの相手を誘い行われるダンスパーティーです。

男子はタキシードやスーツを、女子はドレスを着てみんながドレスアップをして、投票でプロムキング&プロムクイーンが選ばれます。

ペアでないと行けないためカップルで参加したり友達同士誘いあったりするそうです。

もし日本でプロムが開催されていたら、みなさんは積極的に相手を誘うことができますか? 
少し勇気がいりますが、好きな人に告白するチャンスかもしれません!

感謝祭

11月の第4木曜日はアメリカのもっとも重要なイベント、感謝祭”Thanksgiving Dayです。

学校では感謝祭の劇をしたり、感謝の言葉を伝えあったりします。

ディナーは家族や親族で集まってお互いに感謝の言葉を口にして、かぼちゃや七面鳥などを使ったごちそうをみんなで食べます。

感謝を伝える日、とても素敵な文化ですね♪

アドバイザー
アドバイザー

代表的なもの3つだけの紹介ですが、これだけでも少しワクワクしてくるイベントですね。

日本の学校行事を英語で説明してみよう 

three round white wooden tables

日本人の私たちが当たり前に思っていた学校行事も日本独特の文化のようです。

それでは海外にはない学校行事を英語で説明してみましょう!

普段はこのような事は気になりませんが、日本のことを聞かれたらすぐに返答できるように今から準備しておくことも大事ですね。

入学式  ”Entrance ceremony“

日本では親も入学式に出席し在校生が新入生を歓迎しますが、海外では学校の説明会程度で終わるようで大きな式典はないそうです。

ピカピカ一年生の写真

In Japan , the school year starts in April.

日本では4月に新学期がはじまります。

We have an entrance ceremony to welcome new students by teachers and students.

入学を歓迎する入学式が先生や在校生によって行われます。

New students attend the ceremony with parents.

新入生は両親と式に出席します。

運動会・体育祭  ”Sports Day , Sports Festival“

運動会、体育祭はまさに日本独自の学校行事といえます。

近年では運動会、体育祭を学校行事に取り入れる国もあるそうです。

group of men dancing on street

Students are grouped into some teams and compete against each other.

生徒たちはいくつかのチームに分かれ互いにいろいろな競技で競い合います。

They participate in lots of different sports. For example relay , sprint , tug-of-war , beanbag toss , etc.

彼らはいろいろなスポーツに参加します。例えばリレー、徒競走、綱引き、玉入れ、などです。

All sports are converted in points. The total score will decide the winning team.

全ての競技はポイントに換算され合計得点によって優勝チームが決まります。

文化祭 ・学園祭 ”School festival , School fair“

生徒たちで出しものを考えクラスで協力して当日までみんなで準備を行う、日本の学生生活の中での一大イベントですね!

中学・高校で行われるのを文化祭、大学・短大で行われるのを学園祭といい、学園祭はより学生たちが主体のイベントとなり規模がちがいます。

たこ焼きの屋台の写真

School festivals are held on school property.

学校の敷地内で祭りが開催されます。

Students present or perform something as a class and decorate their school.

生徒たちはクラスで何か出し物を出したり、学校を装飾したりします。

Family and friends come the school festival.

家族や友人たちが文化祭に訪れます。

日本独特の行事も沢山あります。
海外の人が興味を持ってくれた時に自分の英語力で説明してあげる事が最も英語力を高めるチャンスでもあります。

学校関係者の方へ

実は、この記事は予想以上に多くの方々に検索して頂いているのです。
僕自身かなり驚いた数字を毎日出しています。

読者の方の中には学校関係者の方や塾の方など、
英語関係の方々が多くいらっしゃるのではないかと思っています。

ましてや、小学校の先生は急に英語を教えなければならなくなった方も
多くいらっしゃるかと思います。

僕が大学生の時に、教育実習にいく同級生が
「小学校は英語がないからいいよ」と言っていたのを覚えています
今から30年くらい前のことです。

でも最近は、小学校でも英語が必須になり、
焦っている先生もいらっしゃるのではないでしょうか、、。

英語が嫌で選択しとして外していたけど、今更急に、、、。汗

という方々も言葉では言えないでしょが、
内心そう思っている方多いと察しています。

僕の記憶ですが、
中学の時の英語先生で、いつもおぼつかない授業をしていたのですが、
ある日アメリカ人が学校にきて通訳した時がありました。

めちゃくちゃネイティブのように英語が出来て
2秒くらいでその先生を見直して

「凄いし、かっこいい」

と思い次の日から見る目が変ったものでした。

子どもというのは、分かり易いものです。
圧倒的な次元の違いを見せる事によってその人の存在が
一気に際立ってきます。

それがきっかけで英語が好きになる子も出るかもしれません。

もし、オンライン英会話をやっていたら授業時間に合わせて
子どもとオンライン英会話できたら最高ですね。

それは学校の教育指導上無理かもしれませんが、そういった事に接することが
本来の英語教育の1つでもあると思います。

それは、さておき

先生方も、週に2回~3回はそういった機会を作って
英会話の練習をできたらやってみてはいかがでしたでしょうか。

英会話ばかりでなくて、様々な文化に触れたり学んだりすることで気持ちも豊かになるし
英語を話す機会にもなります。

私も海外留学してましたが、時間が経てば会話力も落ちてきます。
だからレアジョブというスクールでずっとやって継続して学習しています。

先生方もお忙しかと思いまいが、
是非お子様の為にも、また自分の豊かな心を養う為にもオンライン英会話はおすすめします。

無料体験とかもあるので、やってみてもいいかもしれません。
自分に合う合わないがあるかと思います。

もし、やってみたいなと思うならば、
まずは低料金からできる所で充分です。

話せる機会があるだけでいいのです。

それを少し継続して出来るようならば、
資格向け、添削付、ネイティブオンリーとかのスクール選びをすればいいと思います。

参考までレアジョブ(かなり大手のスクールですが安心、信用があるスクールです)
について書いた記事がありますのでご案内します。
こちらの記事こちらの記事の2記事になります。

それ以外に、こちらの記事では19種類のオンライン英会話スクールをまとめた記事がありますので参考にしてみてください。

より、豊かな英語教育とより豊かで国際的な感覚を身に付けてもらいたくここで少し私事を書かせていただきました。


普段から英語力を維持、向上するにはオンライン英会話は非常に有効な手段です。

学校行事を英語で表現

では、様々ある学校行事を英語にしてみましょう。

入学式Entrance Ceremony卒業式Graduation Ceremony
表彰式Award Ceremony着任式Introduction of the new staff
離任式Award Ceremony離退式Farewell Ceremony
合唱祭Choral Festival壮行会Send-off Party
写生大会Sketching Competition歓送迎会Welcome & Farewell Party
林間学校Overnight Excursion全校集会School Assembly
宿泊研修Overnight Camp学年集会Grade Assembly
校外学習Field Trip入学試験Entrance Examination
語学研修English Training Camp学力テストAchievement Test

普段馴染みがある学校行事も英語で表現すると、耳慣れたものからそうでないものまで様々です。
このような単語を巧みに使い分けることで、コミュニケーションをスムーズに取れるように慣れておきましょう。

ここで全部は紹介しきれませんが、これから様々な人と交流するで机上の単語より、実体験から学んだ英単語は身に染みて覚える事ができます。
今度は、言葉の違いだけでなく文化の違いもお互い理解しながら話してみてください。

日本の学校行事を英語で説明できる?外の人に日本文化を伝えてよう まとめ 

バルーン, パーティ, カーニバル, 動く, 天国, 生年月日, 結婚式, お祝い, 子供の誕生日

海外は一貫教育の国が多く義務教育期間が長い。

海外にしかない学校行事ももちろんあるが日本のように生徒が中心となってつくりあげるイベントは少ないですね。今回の記事で伝えたかったことはこちらです。

  • 学校の始まる時期からしきたり自体も違う
  • 日本の学校行事は生徒中心の事があり、海外からも注目されている
  • 海外にあって日本にない行事
  • 英語を使って日本の学校行事を説明する練習

日本の学校行事は海外からも注目されている。

近年日本でもハロウィンやブラックフライデーなど海外のイベントが宗教に関わらず大きなイベントになってきていますね。

これからもっとグローバルな社会になっていくのかな!(*‘ω‘ *)
常にグローバルな感覚を維持向上するには常に英語にふれておくことは非常に大事なことですね。

ここでは関連関連記事として、

学校教育ではなかなか教えてくれない発音についての
記事をご紹介します。

発音はなかなか厄介ですが、コツを抑えると学習しやすいし
ネイティブぽくなる一番の近道でもありますので是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました