オンライン英会話まとめ記事はこちら!

【必読】保育園とインターナショナルプリスクールで悩んだら読む記事

英語学習

国内での英語教育開始が引き上げられる中、保育園をインターナショナルな場所(インターナショナルプリスクール)へ入園させる傾向にあるようです。
我が子を小さいうちから英語が話せるように育てたい!と思うご両親もきっと多いでしょう。
そこで今回は、保育園とインターナショナルプリスクールの違いについてご紹介します。

保育園とインターナショナルプリスクール

インターナショナルスクールとプリスクールの違い

インターナショナルプリスクールでは、習い事の英語とは違い、日本人家庭向けの施設で日常生活のあらゆる場面を英語で行いますのでリアルな英語を習得できます。

近年英語の学習開始年齢が早まっていることから幼少期に保育園をインターナショナルスクールへ通わせる動きが高まっているようです。

保育園がインターナショナルな場所を『インターナショナルプリスクール』と言います。

ママさんパパさんの間で『芸能人の子供みたいにインターナショナルスクールに通わせて我が子をぜひ英語ペラペラに!』と思い描いているご両親も多くいるのではないでしょうか。

アドバイザー
アドバイザー

そもそもインターナショナルプリスクールはとはどんなところなのでしょうか。
インターナショナルスクールとはどのように違うのでしょうか。

結論から言うと、インターナショナルプリスクールは、日本人を対象とし英語を習得するための環境や教育を提供する場所です。

他方、インターナショナルスクールは英語を母国語とする子どもの受け皿のような場所です。
英語を学習し習得するための機関ではなく、母国語である英語で授業を行うところなので、ご両親の英語力も求められます。

インターナショナルプリスクールってどんなところ??

日本において義務教育が始まる前の英語保育を行うところ。

認可保育園とインターナショナルプリスクールの違い

一般的な認可保育園の場合、入所する子どもは自治体によって振り分けられます。

プリスクールのような認可外保育施設では、その施設が選考を行なうためご両親の意識や生活レベルが近い親と子どもが集まります。
ここでのメリットは意識の違いによる親同士のトラブルを最小限に減らせることです。

費用に関しては、これからご紹介しますが、プリスクール・インターナショナルスクールのような認可外保育施設の方が高くなります。

カリキュラムにも大きな違いがあります。
認可保育園では、国や自治体の方針に沿ったカリキュラムが作られるため、どこも似たような教育方針や内容になります。

一方で、プリスクールなどではそれぞれの教育方針に沿って独自のカリキュラムが設けられていることが多いようです。

インターナショナルスクールとプリスクール違いまとめ
インターナショナルスクールインターナショナルプリスクール一般保育園
定義外国から親の転勤などの都合で日本に来る子どもや帰国子女学校(school)の前(pre-)という意味で幼稚園前の日本人の子供親の共働きのご家庭や保育に欠ける乳幼児が入園できる場所
認可 or 認可外認可外認可外認可
対象年齢0-6歳0-6歳0-5歳
入学時期(場所によって異なる)アメリカ式であれば9月4月もしくは9月4月
カリキュラム独自独自自治体の方針に沿ったもの

気になるインターナショナルプリスクールの費用

ご両親が気になること点の1つ、インターナショナルプリスクールへ入れるときにかかる費用についてもご紹介します。

パパ
パパ

かかる年会費はどれくらいでしょうか

アドバイザー
アドバイザー

プリスクールの学費は年間約150万円かかるところが多いです。0歳から通えるスクールもありますが、3~5歳を対象にしたスクールが多いです。3年間通った場合、学費だけで約450万円します。

アドバイザー
アドバイザー

実は上記以外にもお金がかかります!

スクール行事の寄付金外国籍の園児もいるので多文化を体験できる行事がたくさんあります。行事を開催するにあたり参加費を募ることがあります。(500円程度)
スクールバスの運営協力金一般的に月額5000円~2万円程度
遠足代課外授業などで動物園などに行くこともあると思います。その際にかかる交通費や参加費です。(場所によりけり)
ランチとおやつ代ランチ代は1食800円以上するところが多く、1カ月20食で1万6千円程度かかります。(お弁当でも可能です)
サマー・ウィンター・スプリングスクールの参加費1週間の参加費は3~8万円程度します。
延長保育代プリスクールの営業時間外に子どもを預かる場合は延長保育代が発生します。
アドバイザー
アドバイザー

初年度の場合、学費や施設費などを全て含めると総額で年間約215~295万円するでしょう。3年間通った場合は年間約645~885万円します。

保育園がインターナショナルだと良いこと3つ!

国際感覚が幼少期に身に付く

国際人材になるためにはただ英語力が高いだけでは通用しません。

では何が必要でしょうか?

アドバイザー
アドバイザー

世界様々な文化や慣習を知り、その多様性を理解して振る舞う
『異文化理解能力』です。

インターナショナルスクールに通うことで、様々な国の文化や価値観を知ることができます。
小さいうちから異文化能力を身につけることで海外どこ行っても柔軟に対応できるでしょう。

人としてのコミュニケーション能力が高くなる

インターナショナルプリスクールには様々な国籍の子供たちが通います。

幼少期から色々な国の人と関わることで、国際社会で役に立つコミュニケーション能力を自然と身に付けることができます。

多様性を受け入れることで視野が広くなり、思考力も変わってくるでしょう。
そういった環境にお子さんをいれることで
ご両親のみなさまも刺激を受けること間違いなしです。

英語が日常の一部という印象を与える

英語に触れるのでお子さんが小さい時から英語が日常の一部だと思い込ませることができます。

さらに英語教育の時間を確保できるため、英語の習熟度が上がりやすくなります。
順応性が高い幼年期のころに英語を使う環境に身を置くことで、早く上達できるのもメリットです。

保育園からインターナショナルだと不便なこと2つ

母語としての日本語能力が下がり気味

保育園をインターナショナルプリスクールにいれることで英語力を高めることができる反面、我々の母語である日本語に触れる時間が短くなってしまうことも事実です。
英語、日本語、どちらの言語も不十分なまま卒業する可能性があります。

アドバイザー
アドバイザー

でも、これは大きな問題ではありません。
日本に住んでいる限り母国語を毎日見聞きしますし、家庭内でしっかりと日本語を使って親子で会話をしていれば自然と日本語を上手に使えるようになっていきます。

日本人らしい行動が薄れていきがち

インターナショナルスクールやプリスクールで英語耳の環境に身を多くことで自分の考えをしっかり持ち、意見をきちんと言える一方で、日本人らしい奥ゆかしさがなくなりやすいことも事実です。

そうなると次のステップである、一般の公立小学校へ入学した時、周りの慣習やものの考え方とかけ離れてしまうことがあります。
ご両親がお子さんをうまくサポートすることが鍵になるでしょう。

求められるママパパの英語力

ところで子供をプリスクールに入れるにあたって、ご両親の英語レベルは関係してくるのでしょうか。

答えは、英語がペラペラではなくても大丈夫です。
なぜなら、日本人家庭むけのプリスクールであれば日本語のご案内を用意してくれるところもあるからです。
とはいっても、お子さんは英語環境のもとで生きていく訳なので一緒に学ぶ姿勢が大事だと思います
親子で一緒に学ぶと一緒に成長できますし、お子さんも人として成長するでしょう。

【必読】保育園とインターナショナルプリスクールで悩んだら読む記事 まとめ

いかがでしたか。
今回は子供をインターナショナルプリスクールに入れることの良いことや悪いことについてご紹介しました。

幼少期から国際感覚が身につく
②人としてのコミュニケーション能力が高くなる
③英語が日常の一部と思い込ませることができる

英語の勉強と合わせて日本語の勉強も必要
②日本人らしい振る舞いが薄れがち

私個人として、自分の子供に英語を早いうちから身につけさせることは大賛成です。
けれどもお伝えしたようにインターナショナルプリスクールに入園させるのは結構なお金が必要だということがわかりました。
私がそこで提案したいのは、一般認可保育園へ通わせながらご家庭で英語に触れる時間を作ったり、幼児から通える英会話スクールを調べてみることです。
今では書店やおもちゃ売り場に行くと英語で書かれた絵本や幼児むけ英語のおもちゃが豊富だということがわかります。
そういったものを使用しながら毎日英語に触れる時間を作ることでお子さんの意識の中に「英語=日常の一部だ』という気持ちが芽生えると思います。

塵も積もれば山となる、という言葉があるようにお子さんが毎日楽しく英語に触れ、そして英語が日常的なものであることを何となくわからせることができたなら、その後の将来にも必然を英語に対する意識が変わってくると思います。

リンクはキッズ向け英会話に関する記事です◎
体験レッスンなどに行ってみるとお子さんの興味も湧くと思います。

タイトルとURLをコピーしました