オンライン英会話まとめ記事はこちら!

6歳の子供でも飽きずに楽しく英語の学習が出来る5つの英語勉強法を紹介

英語学習

今年から小学生になったお子さんがいる親御さんは、お子さんに将来「英語ができる事で職業の選択の幅を広げてもらいたい!」と思っているのではないでしょうか?

その為にも、就職活動でも評価され、大学受験にも必須となる英語で圧倒的に有利になれるように、今からお子さんに英語に興味を持ってもらえる5つの方法を紹介します。

6歳から始める5つの英語勉強法

それでは、英語を『楽しい』と思えるような勉強法を5つご紹介します。

英語のアニメや映画を見ること

英語のアニメや英語を見ることも効果的な学習方法です。
アニメや映画は英語力がなくてもなんとなくストーリーを理解できると同時にたくさんの英語が映像と一緒にインプットされます。
知らないうちに脳が単語を拾っていくので英語を聞き取れるようになります。

最近ではYoutube動画をお子さんに見せていることも多いので
隙間時間に英語に触れさせることも1つの手です。

英語学習に使うなら日常生活が描かれているものがおすすめです。

あと、ディズニー系のアニメの英語発音は非常にクリアーで聞き取りやすいのでおすすめです。

こちらの記事はディズニーアニメだけでなく、お子様でも興味を持ってもらえる映画を紹介してありますので是非ご覧ください。

ゲームの字幕を英語にして遊ぶこと

最近では英語学習アプリも充実しているので活用していくと楽しみながら勉強できます。

またお子さんが好きなゲームの字幕を全て英語にすることで、
何も考えず英語の単語や会話の勉強になりますのでとてもおすすめです。

RPGゲームだと、ストーリーに特化した単語が出てくるのでわからない単語を調べるというスキルも身に付きます。

最近だとNintendo Switchではゲームでは言語切り替えが可能で家族全員で遊ぶことができます!

さすがにNintendo Switchは高額なので、もっとお手軽な方法として英語版ボードゲームがあります。

こちらの記事では英語で遊ぶボードゲームについて詳しく書いてありますので、是非ご覧ください。

実はシンプルなゲームばかりです。
カード見て思い浮かべた事を簡単な英語で話したりするなど、英語思考の練習にはとても効果的なものばかりです。

本の読み聞かせ

日本語での読み聞かせが効果的であるように英語での読み聞かせもとても効果的です。
これは親御さんと一緒にできることなので、一緒に英語のレベルが上がります。

もしご両親の中で発音に自信がない、
という方はYoutubeやPodcast にある英語の朗読を聞かせる方法もいいでしょう!

始めは簡単な内容から、少しずつレベルアップさせていくといいでしょう。

\Podcast, Spotify で聞くことができます!/


語彙力を増やしましょう

英語を学び始める時に、一番力を入れて勉強したいメニューが2つあります

  1. 語彙力を増やすこと
  2. 発音の強化です

知っている言葉の数が多いほど、理解力や高い思考力を育てることができます。

また英語を理解できるようになると、その都度日本語へ頭の中に変換する必要がなくなってきます。

英語を母国語のように理解できるようにするためには、単語力は必須ですし、語彙力を増やすことは、コミュニケーションを取る上でとても役に立ちます。

お互いの話を膨らますことができますし、英単語をたくさん知ると文法がわからなくてもとにかく会話が成り立ちます。

なので、まずはお子さんに人気の単語学習ドリルのご紹介です。

\Amazonで大人気の英単語テキスト/

1日たったの5分だから続けやすい!
朝の短い時間でも取り組めるように、1日分はたったの5分。スキマ時間の活用や、基礎固めにもオススメです。

例文にはすべてうんこの使用に成功しました。単調で飽きてしまいがちな英単語の学習を、うんこ例文を読み進めながら楽しく学習することができます。

ミシン目で切り取り、付属のリングでとめて持ち歩けば、いつでも・どこでも確認できる、自分だけのカード集が作れます。新学習指導要領対応。

おすすめ英単語学習帳です。
お子さんが取り組み易そうな物を継続して伝えていき、興味をもってもらう事が先決です。

発音(フォニックス)を極めましょう

英語を勉強する上で必要になってくるのは発音です。

なぜなら、正しい発音を知ることで相手により伝わる英語を話すことができると同時にリスニング力も上がります。

そして6歳は音を真似する能力があり、柔軟に受け入れる高い学習能力を持ちます

これをうまく利用していきましょう!

例えば、LとRの発音の違い、BとVの違いなどネイティブの発音を柔軟に聞き取ることができます。
いずれ大人になってからも発音を勉強することになるので、お子さんが小さいうちから習得しておくことをおすすめします。

とにかくおすすめはこのYouTube!
すごくわかりやすいし、お子さんじゃなくても英語の発音を勉強したい方にはピッタリ!

\おすすめ発音強化YouTube!/

歳は非常に端境期で発音を柔軟に受け入れつ歳でもあり、カタカナを学びはじめカタカナ英語になっていく歳でもあります。
そんな時には、音読の時間を中心に増やしていき文字と音をリンクさせて次に実際に発音することが大事になります。 
この時な音源付きのテキストを選んだりして、英語を「聞く」時間を増やし、音読を通して聞いた音をそのままリピートする練習を繰り返せば、ネイティブの発音に必ず近づいていきます。

オンライン英会話はプライベートスクール

もちろん、発音を学ぶためにはネイティブから習うのが手っ取り早いので、
子供むけのオンライン英会話という方法も1つの手段です!

子供が夢中になる『GLOBAL CROWN』について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
このオンラインスクールは子どもに特化したバイリンガル講師のみのスクールです。
(親御さんも安心して受けられるのがメリットです。)

6歳からの英語学習で効果が出るコツ2つ

英語はお子さんが大きくなってからも必ず勉強する言語です。
6歳より前から勉強をしても効果がある人、ない人にはどんな差があるのでしょうか。
英語学習に効果が出る簡単なコツを2つご紹介します。

英語は楽しい!日常の一部と思わせること

勉強をしようと思って長時間集中させることは難しいですが、
自分が楽しいと感じるものには大人が根負けするほど高い集中力を発揮します。

『遊び』に盛り込んだり、日頃から自然に英語を溶け込ませることでお子さんが英語に慣れていく流れを作ることができます。

ご家族が普段の会話から英語を盛り込んだり、
お子さんと一緒に英語のゲームをして遊ぶのもおすすめです◎

無理をさせないこと

英語との付き合いは一生続きます。
始めは英語に対して嫌がって勉強したがらないかもしれません。

そんな時は無理に薦めず、お子さんの様子をみていきましょう。

強制的に英語を勉強させることは英語嫌いに直結しているからです。
英語を実践的に使いこなすのはまだ先のことなのでお子さんが興味を持つきっかけを探っていきましょう。

6歳の子供でも飽きずに楽しく英語の学習が出来る5つの英語勉強法を紹介 まとめ

いかがでしたでしょうか。

これから英語を学ぶのに、どんな学習方法から始めた方がいいのか参考になりましたでしょうか。
まずは英語に興味を持ってもらい、自然と英語を学んでみたいと思ってもらう事が非常に大切です

将来は英語を自分の武器にして、大学受験の必須項目で有利になり就職後、
社会で貴重な人材になる事ができるでしょう。

・英語に親しむための5つの勉強法が将来の子供の未来を切り開く
・学習効果がでる2つのコツを知る事で、学習が日常化する

6歳は語学を学びはじめるのにとても適している年齢です。

焦ることなく、お子さんの様子を見ながらサポートしていくことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました