大学生はクロスハウスに住みやすい?評判良いシェアハウスを徹底解説

シェアハウス

これから受験シーズンに突入しますが、

上京を考えている人は家探しも視野に入れていく必要がありますよね。

最近流行っている「シェアハウス」を考えている人も少なくないと思います。

そんな中で、最近クロスハウスをよく聞きませんか?

今回は【大学生向け】クロスハウスをご紹介します。

上京後に部屋探しするならクロスハウスが最適!

受験が終わり、3月の引っ越しシーズンが始まると引っ越し代が高くなってしまいますよね。

そこで、近年では6月や8月などのオフシーズンに引っ越しする人が増えています。

安い期間に引っ越しするために、3ヶ月ほどシェアハウスに住む人が急増しているんです。

その中でも、特におすすめなのが「クロスハウス」です。

短期間住むのにクロスハウスが最適な理由
・初期費用が3万円
・都内でも月3万円〜住むことが可能
・家具が付いている
・1ヶ月から契約可能
・プライベートを確保できる
・クロスハウス内なら、他のハウスへ無料で引っ越しできる
シェアドアパートメント

クロスハウスでは【費用】を大幅に抑えられる

特に、親目線からすると上京の費用が気になってしまいませんか?

都内で1人暮らしをしようと考えた場合、初期費用で60万円近くかかってしまいます。

一方で、クロスハウスでは初期費用がたった3万円で済むんです。

詳しくはこちらで↓

シェアドアパートメント

家電もそろっている

また、引っ越しの費用では、家具や電化製品の費用が多くかかってしまいますよね。

クロスハウスでは、家具もWi-fiも完備されています。

「お子さんがアルバイトを始めるまでは、クロスハウスに住む」

などの決まりを設けてクロスハウスに引っ越すことをお勧めします。

【水回りのみ共有】プライベート空間が確保されている

1人暮らしをしたことがない人にとって、シェアハウスはハードル高く感じませんか?

特に、大学入学直後では生活スキルが乏しい点があると思います。

「知らない人と共同生活は気がひける…」

と考えてしまうお子さんも少なくありません。

しかし、クロスハウスではシェアドアパートメント方式を採用しています。

シェアドアパートメント
シェアドアパートメントとは

・キッチン・トイレ・洗濯機などの水回りを共有することで、初期費用と家賃を抑えることができる住居。
・シェアハウスのように全てを共有するのではなく、「個室があってプライベートは確保されている」のが特徴

高校生や大学生からすると、1人になる時間は日頃のストレスを解消するためにも大切です。

だからこそ、水回りのみが共有のクロスハウスへ住むことをお勧めします。

大学生にとってクロスハウスが住みにくい点

費用が安くプライベートが完備されているクロスハウスは、

これから子供を上京させる親にとってはとてもお得な物件です。

一方で、クロスハウスに長期的に滞在するのは難しいかもしれません。

クロスハウスに長期的に住むのが大変な理由
・友達を家に呼ぶことができない
・年上の人と共同生活で、家でも気が休まらない可能性がある
・荷物を沢山持っていくことができない
・テラスハウスのように「常にリビングに集まってみんなで交流する」訳ではない

クロスハウスに友達を家に呼ぶことができない

クロスハウスでは、防犯上の理由で友達を呼ぶことができません。

大学生だと、家で友達とゲームをしたり泊まったりすることも多くなります。

1人暮らしを始めた大学生にとって、自宅に友達を呼べないことは意外と辛いものです。

しかし、大学生活が始まった当初は、友達を呼ぶことも少ないです。

しかし、半年後や1年後には友達を家に呼びたくなることもあると思うので、長期間の滞在は難しいでしょう。 

大学生はクロスハウスに住みやすい?評判良いシェアハウスを徹底解説 まとめ

今回は、大学生がクロスハウスに住みやすいかをご紹介してきました。

大学生がクロスハウスに住みやすいか?
・短期間の居住には向いている
・長期的にクロスハウスに住むことは難しい

費用を抑えられる点では、クロスハウスはとてもお得な物件です。

しかし、友達を呼べない点は大学生には向いていないでしょう。

だからこそ「オフシーズンに引っ越しをしたい!」と考えている人にとって、

クロスハウスは最適です。

シェアドアパートメント

受験シーズンに一度1ヶ月間借りて、上京生活を一度体験してみるのも良いですね。

タイトルとURLをコピーしました