【産経オンライン英会話Plus魅力】守備範囲の広さと大手の安心感

英語学習
社会人3年目
社会人3年目
  • 会社でも英語が使えたほうが有利だから、学習を始めてみたい
  • 社会人になってから英語を本格的に勉強したことがなくて、どのスクールが良いか検討がつかない
  • 安心感のある、始めの一歩に最適なスクールを選びたい

そんなあなたには産経オンライン英会話Plusをおすすめしたいと思います。

産経オンライン英会話Plusの特徴

産経グループのスクール

産経オンライン英会話Plusは大手3社による共同事業です。

  • 株式会社産経デジタル(インターネット・メディア運営事業)
  • ヒューマンホールディングス株式会社(人材教育業)
  • トランスコスモス株式会社(アウトソーシングサービス業)

3社とも大手企業のため信用があり、法人向けの語学研修や、学校教育での導入実績も多数。安心感があります。

幅広いカリキュラム

産経オンライン英会話Plusは資金力をいかし、多彩なサービスを展開しています。

アドバイザー
アドバイザー

他社と比べても、サービス内容が幅広いのが特徴です。

  • キッズレッスン(幼児~小学生対象)
  • コーチング(学習方法アドバイス等)
  • 中国語
  • 職業別英語コース(レストラン、鉄道、タクシー、郵便局など)
  • ニュースディスカッション

そのほか、大学入試外部検定対策、英検®二次試験対策、ものづくり現場の英語、メールライティング講座 など

ジャンルを特化しているオンライン英会話スクールは多いのですが、対して産経オンライン英会話Plusは選べるジャンルが多いことに驚きます。子供から大人、初級から上級と、幅広いニーズに対応可能です。

産経ならでは!ニュースディスカッション

特に注目のコースは、ニュースディスカッション。こちらは産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材に講師とディスカッションできるという、産経オンライン英会話Plusならではの教材です。

筆者
筆者

中級レベル以上のビジネスマンにおすすめ!

カスタマイズプラン

産経オンライン英会話Plusは、幅広い世代、レベルの方にお使いいただくため、基本料金設定が控え目です。

そのため、

より多くレッスンに取り組むために自分で追加料金を設定し、オリジナルプランを作成することができます。
これが「カスタマイズプラン」です。

基本のプランに下記の追加項目をプラスし、料金をシュミレーションすることができます。

  • 受講曜日
  • 1日のレッスン受講回数
  • 同時予約可能数
  • 何日先まで予約可能か
アドバイザー
アドバイザー

これにより毎日受けたり、週末にまとめて受講できたり、先の予約が可能になったりと、自分の希望に合わせてプランを立てることが可能となります。

筆者
筆者

上乗せした分、金額は高くなりますが、自分の思う通りにプランをカスタマイズできるのは魅力的ですよね!

産経グループが提供するオンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusの料金設定

基本料金:

プラン620 6,380円(税込)1日1レッスン 1回25分(フィリピン人講師の場合)

産経オンライン英会話Plusはコイン制です。

「プラン620」というのは「毎月コインを620枚付与される」ということです。

フィリピン人講師にレッスンを受ける場合は1レッスンあたり20枚消化します。

コイン20枚 × 31日 = 620

という計算になります。

筆者
筆者

すべてフィリピン講師で受講する場合と考えて、他社比較すると相対的にお値段安いです!

ただ産経オンライン英会話Plusは、多彩なサービスを利用するため、基本料金にオプションやカスタマイズをプラスするケースが多いので、料金は人によってかなり変わることが多いと思います。

アドバイザー
アドバイザー

もし、ネイティブ講師や日本人講師のレッスンを受ける場合は1レッスンあたり200コイン消化します。フィリピン人講師の10倍かかるわけですね。

コインはシェア可能

コインが余ったら、家族とシェアしたり、翌月に繰越したりできるので、無駄なく柔軟に利用可能です。

産経オンライン英会話Plusのメリット

大手ならではの守備範囲の広さ

産経オンライン英会話Plusはコースの数が非常に多く初級~上級まで幅広い層がターゲットとなっています。

アドバイザー
アドバイザー

もしあなたが、これといった目的がまだない状態でも、まずは基本料金で受講してみて、必要ならばいろいろなジャンルに学習を展開することが可能です。

他のスクールに移る必要もありません。

そのため、最初の一歩として安心しておすすめできます

ビジネス英会話や職業別英会話が比較的安く受けられる

筆者
筆者

産経新聞を基にした英文ニュース教材を使って、ビジネス系のレッスンを受けることができるのは、社会人には魅力的ですよね。

会社単位での法人契約もされている実績のあるコースです。

しかも、ビジネス英会話や職業別英会話は基本料金のみで受けることができ、追加料金がかかりません

受講可能時間が長い

産経オンライン英会話Plusの受講可能時間は5:00~25:00です。長いです。

他社ではコストカットのために受講可能時間をターゲット層に合わせて、他の時間はカットしているケースも多いですが、ここは大手の強みを活かして長く設定されています。

筆者
筆者

早朝や深夜にレッスンを受けることも可能となっており、社会人にはうれしいですね。

産経グループが提供するオンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusのデメリット

ネイティブ講師を選ぼうとするとやや割高

産経オンライン英会話Plusは基本料金が安いですが、ネイティブ講師を選ぼうとするとフィリピン講師の10倍の料金がかかってしまいます。

アドバイザー
アドバイザー

「ネイティブ講師に教わる」という点にこだわる場合は、あまりおすすめできません。

講師の人気度がわからない

レッスン予約時講師を選ぶ際、他社では星の数などで人気や実力を測ったりすると思いますが、産経オンライン英会話Plusでは人気度を測る指標がありません。これを不便だと感じる方もいるようです。

筆者
筆者

人気と相性はまた違いますから、あまり人気にとらわれずに相性の良い先生を探すことができ、かえって良いかもしれませんよね。

オールラウンドな半面、際立った特徴がない

産経オンライン英会話Plusは大手企業のスクールなので、サービスの多さのわりに料金が安くコスパが良いです。

しかしながら、いわゆる「尖った」特徴もなくオールラウンドなので、「広く浅い」といった印象は否めません。

筆者
筆者

「誰にでも合う」というところが、企業や学校での導入につながる要因でもあるので、オールラウンドであるということは、メリットでもあります

産経オンライン英会話Plusの口コミ

その時の講師(先生)がおられる環境によって音声品質は変わります。

そして講師のレベルもまちまちです。

自分たちと同じように相手も人間ですから、得手不得手があり、全てに万能であるわけがない。そう考えればいいと思う。

とにかく安い。これに尽きます。教材も全て無料。印刷して、書き込みをし、レッスンに向かいます。先生により個性があるので当たりはずれがありますが自分にあった先生に出会えればモチベーションを維持できます。

自分の時間に合わせてレッスンができるのも助かります。開始半年でG2Generalを受講中。毎日の習慣付けで上達を感じています。

他のスクールと比較すると料金が安い。福利厚生サービスなどを利用できる場合、より安くなる。

色々な教材がある。特に職業別のプログラムに該当する人には、とても良いと思う。

引用元

【産経オンライン英会話Plus魅力】守備範囲の広さと大手の安心感 まとめ

産経オンライン英会話Plus大手3社が共同運営する、総合的なオンライン英会話スクールです。

筆者
筆者

どなたにもおすすめできますが、特にビジネスパーソンには検討してほしいです。

  • 多彩なカリキュラムで初級~上級まで、幅広い層が満足できる内容
  • 産経新聞をもとにしたビジネス教材を基本料金だけで利用可能
  • 大手ならではのコスパを実現!コインシェアや繰り越しで無駄なく料金消化

無料体験レッスンは2回まで可能!キッズレッスンや中国語レッスンも受けられますよ!

タイトルとURLをコピーしました