オンライン英会話まとめ記事はこちら!

 オンライン英会話講師を使い倒し・英英辞書も徹底的使い倒そう!

英語学習

オンライン英会話を6年経験してみて分かった事は、とにかくレスポンスするには日本語で考えている暇はない。
そう、つまり日本語で考えるより英語脳で考えないといけないということです。

ここで分かりやすく、ご紹介させていただきます。

オンライン英会話と英英辞書の共通点とは

例えは、hierarchyを引く場合

オンライン英会話やっていくとわかるのですが、もし講師に知らない単語を質問したらすべて英語で返ってくということです。つまり、英英辞書と同じなのです。

yasu
yasu


難しい単語の意味には、簡単な単語で訳されて帰ってくるのです。

当たり前といったらそうなんですが、、。わざわざ頭の中で日本語に変換している暇はないのです。

「だからもう覚悟が必要なのです」

よく、昔ルームシェアしているアメリカの友達に言われまた。

ルームメイト
ルームメイト

If you want to learn English, Don’t fuckin translate English into Japanese!!
When you do, just forget about Japanese!!

「英語を話したいのなら、わざわざ日本語を英語に訳すなよ。」

「dictionary」は「dictionary」なんだよ「辞書」じゃないんだよ!!

yasu
yasu

まったくいつも言葉使いが悪いアメリカ人でした 

その時、あ!そうか!

そういう風に考えないといけないんだ。

思ってもいない感覚をいまでも覚えています。

昔から、英語はテキストでリーディングとか当たり前のように中学からやってきました。

日本語から英語に変えて、英語から日本語に変換するという流れが当然だと思ってました。

彼の言葉が計に心に刺さりました!

こういう事は、自分が実際その環境に置かれてみないと分からないものです。

今はこういった体験をオンライン英会話スクールで無料で体験できるところも増えてきました。

会員数90万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

自分のおすすめはレアジョブ英会話ですね。

はじめてオンライン英会話スクール選ぶ時にどこにしようか迷いましたが、偶然レアジョブに出会ったのです。
6年やって不足も何も感じませんでしたし、カリキュラムが多いので非常に便利に使っていました。初心者の時には総合デパートに行って、慣れてきてから専門店に行くみたいな感じでオンライン英会話スクールも選んでいいですね。

無料体験もあるから、一度話してみてよかったら検討してもいいですよね!

あと、ぼくがオンライ英会話スクール選ぶ時に大変だったので、少しまとめてみましたので参考にしてみてください。

オンライン英会話講師の上手な使い倒し方

私は6年間レアジョブで学びましたが、6年間も学んでいるとある程度コツをつかむ事ができます。それが、オンライン英会話の効果的な使い方に繋がるのです。

平日カスタマーサポートで働く講師を選ぶ

講師と話をしていると、かなり英語が上手いことがわかります、

昼間は、アメリカ系の会社で米国人対応のカスタマーセンターで働いている人が多数います。顧客がアメリカ人ということもあり、必然的に英語が上手になっていくようです。

あらかじめ質問することを決めておく

自らどんどん講師に質問責めにしていくという形で、相手の本来の日常の使っている英語力を引き出すということです。

そういった中で分からない単語も色々できますが、そういったものをスカイプ上でタイピングしてもらい後から調べるということも効果的です。事前に話の中の単語なので記憶しやすいというのもあります 

話すテーマをこちらから決めてしまう

レアジョブにはDaily News article というトピックがありました。

それを事前に読むことは大事ですが、初めの頃は講師の質問に応える事で精一杯です。

しかし、慣れてくると答えやトピックからさらに話を広げて行く事ができます。

更に話を広げる準備し、その会話をするために事前に単語の準備、質問の準備をすることで会話に広がりができます。
そしてインプットからアウトプットで準備したものが脳に定着します。

講師を上手く利用する

ここで大事な事はとにかく講師を徹底的に個人家庭教師のように使い倒すようなイメージです。
与えられた時間はすべてこちら主導にもっていき、事前予習することで分からない事をどんどん聞いていくスタイルが非常に効果的な学習方法です。
(学習になれてきたら必ず行ってもらいたいやり方です。)

オンライン英会話の講師を使い倒すもう一つの秘策

オンライン講師から学んだ事も書き留めて公開する。

yasu
yasu

このやり方について、

「どういう事?」

とおもったかもしれませんが、ここで私の体験談を含めて
お話させていただきます。

オンライン英会話で学習するものの、
その時は覚えていても時間が経つとまた
忘れてしまう。

その繰り返しをやっていました。

とにかくフレーズを忘れてしまったので、
単語と単語を組み合わせる
ようになってしまいました。

でも 

ある出来事によって、
一気にそういったフレーズが脳に定着するようになったのです。

それは 

メモ代わりに使っていたアメブロへの投稿のいいねの数です。

自分がアメブロに投稿していたのは、
オンライン英会話で学んだその日のフレーズを
メモ代わりに使っていたのですが、

その評価(いいねの数)が案外よかったのです。

そうなってくると、書く方も真剣に書き始め取ると同時に
そのフレーズを書いた事に責任を感じはじめ覚えるようになるのです。

「これってもしかしたら、誰かに見てもらうという意識で書いたら
もっと記憶に定するかもしれない!!」

その始まりでした。

そうつまり、自分の英語ブログみたいなものを作って
公開してみてると思いのほか多くの人がみてくれるという事が
分かります。

それはTwitterとかでもいいかもしれません。

とにかく、誰かに伝える、教えてあげるという事で
覚えた事を書き留める作業中脳に定着して来ます

オンライン英会話の講師のから瞬間的に学んだ事を
一つ残らず覚えるくらいに
講師を使い倒し、書き綴ってみてください。

小さな積み重ねが大きく飛躍します。

自分独自でドメインを取ってサイトをつくる方法だってあります。
メジャーなこちらのサーバーをご覧になってください。

このサーバーは僕もつかっていますが、カスタマーセンターが非常に丁寧でいいです。
しかも、電話対応してくれるという嬉しいサービスです。
最近あるように、音声ガイダンスでたらい回しさsれる事がなくすんなり質問ができます。
エックスサーバー

Twitterなどで拡散しまくる

自分の学んだ事を書き留めたブログをTwitterなどで拡散して
1人でも多くの人に知ってもらいましょう。

yasu
yasu

なんで、そんな事をするの?

と思うかもしれませんがその理由はというと

下記に示しました。

具体的に自分の成長過程をブログで書き留めていくと
読者が必然的に成長物語を楽しみながら物語の一員になったりします。

この成長過程が大切なのです。

例えばAKB48がまさにそうで、
最初は地下アイドルという立場で、決して飛び抜けて可愛いわけでもなく、歌や踊りが飛び抜けてうまくもないような状況から、ファンに応援されつつ、
一緒に成長していった。

結果的に、あれだけのトップアイドルになれた。

そして、最後には
その物語の一員になれた人は、一緒に幸せになれますよね。

という物語を創り上げる楽しみも増えます。

きっと、あなたの情報発信が誰かに応援されはじめ、
そして一緒に成長しながらあなたの人生に関わっていく
そういった新しい出会いは情報発信することから生まれてくるのです。

オンライン英会話スクールで学ぶ大事な心構え

yasu
yasu

実はこれから話すことが一番大事かもしれません。

嬉しい事に、このブログを見てくれるのは日本にいる方ばかりではなく、海外にいる方も見てくれています。

どんな環境の方か分かりませんが、英語にコンプレックスもっている方かもしれません。

旦那さんの転勤で一緒に来たけど、

英語が苦手、、、

「何言ってるか分からない」から

「ついつい話できないで終わってしまう」とか。

これでは、海外に住んでいるからと言っても、いつまで経っても英語が身につかない典型的なパターンです。

少しづつ考えを変えていった方がいいです。

もう日本人ではなくて、海外1歳児なんだと。

だから一つ一つ英語で体得して、

英語で考えて、英語を口に出す。

それしかないです。

誰も笑ったりしません、

みんな同じ道を歩んできているのだから。

逆に何年もいて全然話せない方が、

裏で何言われるか分かりません。

ブロークンEnglishでいいと思います。

気持ちと考え方を切り替えた方が前向きになれます

少しでも話せるようになったら楽しくなってきます。色々聞かれますし、聞けます。

話す内容はなんでもいいのですが、案外ズバッとした事も聞いてきます。どんな事を聞かれて平気でいられる慣れた気持ちをオンライン英会話スクールで養ってもらいたという気持ちもあります。

その辺りの事はどこか違うブログでお話させてください。案外自分は苦労しました💦

英英辞典は意外と分かりやすい

ここで学んでいく上で大事なツールは英英辞典です。

ここで少し面白いのが英英辞書とオンライン英会話の講師の会話は少し似ている所があります。講師が話す内容で分からない単語が必ず出てきます。
こちらが質問するとわかりやすい単語で説明してくれます。

yasu
yasu

まさに、英英辞書で話しているかのような単語の言い回しで説明してきます。 つまり不安からこのタイプの辞書を使っていると自然と講師の言い回しが頭に入ってくるのです。

英英辞書って意外と分かりやすいんです。

先ほどと同じ画面ですが。

hierarchy

(ヒエラルキー)a system by which the members of an organization are grouped and arranged according to higher and lower ranks esp official ranks

ざっとこんな感じに書いてあるのはわかるかと思います。そうそんなに難しくないですよね。

初めはなんか抵抗あるのですが、案外いけるのです。

yasu
yasu

しかもなんか英英辞書を使っているとえらくなってきたよな気分になるのもいいですよ。

しかも、図書館とか人目のつくところで使っているとなんか偉くなった気分が倍増します

安いのでいいから1冊あると絶対いいですよ。

参考までにURLを貼り付けておきますので、参考にしてみて下さい。いきなり使いうのは大変なので少しづつ慣らしていきましょう。
でも本当に使い始めると実は「かっこいい!」これ事実です。

<オックスフォード> ↓

ロングマン>    ↓

オンライン英会話の講師を使い倒し・英辞書も徹底的に使い倒そう! まとめ

いかかでしたでしょか?

今まで英英辞書なんて使っていなかった方も少し興味出てきたら幸いです。

とにかく英語で考えて英語で話すという癖をつけておいた方がいいです。

もし、大学生なら英和辞書を英英辞書にかえてみても新鮮でいいかもしれませんよ!!

今回の記事で、少しでも英英辞書に興味もってらったら嬉しいです。

ではまた

初回無料体験できるオンライン英会話 レアジョブ


タイトルとURLをコピーしました