オンライン英会話まとめ記事はこちら!

【必見】子供向けオンライン英会話と英会話教室の決定的な違いを3つ解説!

英語学習

お子様に英語を学ばせたい、
でも自分では英語を教えられないという悩みを抱えた親御様は多くいらっしゃいます。

本来は金銭的、時間的余裕があるのなら、英会話教室がいいのです
オンライン英会話と英会話教室の3つの違いをご紹介します。

経験者の私がお伝えします

英会話教室    2年  

ここでは子どもオンライン英会話と子どもスクール英会話(英会話教室への通学)のどちらを利用して英語を学習するべきか迷われている方のために、両者の特徴やメリット、デメリットを比較します。

オンライン英会話と英会話教室の比較

オンライン英会話と英会話教室を比較表にまとめてみました。
金額や時間等はおおよその目安なので、詳しくは各スクールに確認してください。

英会話教室オンライン英会話
講師の選択受講者自身で自由に選択
教材オンラインなのでダウンロード形式で
教材を入手
教材費が割一般的に割高
カリキュラム・スクールオリジナルカリキュラム
・レベルコース
スクールオリジナルカリキュラム
学年別コース
(教材費が割高な教室もある)
レッスン時間   1コマ 25分1コマ 40分~50分
マンツーマンかグループによって変わる
スケジュール管理レッスン終了ごと又は、事前予約レッスンスケジュールは固定
レッスン可能時間6:00~25:00が一般的
※24時間受講可能なサービスもあり
7:00~23:00位が平均
レッスン形式マンツーマンがメイン
※ほとんどが対面でSkype形式
一部異なるサービスあります。
グループレッスン/マンツーマン
※マンツーマンの場合は割高
料金月額5000円~
(25分のフィリピン人講師の場合)
その他、スクールごとに様々サービスがあり、それぞれ料金は異なる。
1レッスン(40分~50分あたり)4,000~8,000円程度が相場
※マンツーマンレッスンですが、グループレッスンはもう少し安くなります。
講師の国籍フィリピン人講師がメイン
※ネイティブ講師が在籍するスクーるもあり、スクールの特色の一つ
ネイティブ講師がほとんど
採用枠が狭い中、日本に来ている講師がほとんど
※フィリピン人・日本人バイリンガル講師が在籍する教室もあります。

英会話教室とオンライン英会話の3つの違い

まず、オンライン英会話を受ける前提として、
お子さんは大人と違ってじっとしている事が難しいということがあります。
そして、オンライン英会話は思った以上に親御さんの負担が大きいのです。

yasu
yasu

私も、子どもにオンライン英会話をやらせたのですが、凄く大変だった出来事があります。
以下で体験談をご紹介します。

私の長男が10歳くらいの時に大人向け初級オンライン英会話を実践したのですが、
「もう大変!!」
はじめの1回、2回くらいはよかったのですが、子どもは心移りが半端ないので
「今日は疲れたから、やだ~ やだ~」
「昨日、楽しみにしてたじゃん!」
「でも、今日は疲れた~」
そうなってきたら、始まる10分くらいまではもはや喧嘩状態です。

はじまっても、画面のではふくれっ面 汗(親が焦る、疲れる)

オンライン英会話が終わったらこっちまでどっと疲れが、、、。

これらの事は、オンライン英会話ではよくある事でしょう。

オンライン英会話より高めなので少し敬遠されがちですが、
実は英会話教室はオンライン英会話にはない多くの特徴があるのです。



では、英会話教室の特徴をオンライン英会話と比べながら3つご紹介します。

小学生向け英会話教室のカリキュラム①

【英会話教室】

英会話教室は、英語を学ぶための英語専門の教室です。

そのため、小学生向けの英会話教室であれば、
小学生のレベルにあった英語学習のカリキュラムがしっかりと用意されています

身近に触れ合うことで、動作一つとっても全て英語なのでその環境にいるだけで英語を覚える事ができます。


子どもは教室に入った瞬間に親と離れ英語環境に飛び込んでいき、知らぬ間にその場を楽しめメリットがあります。

子供の特権はとにかく環境に馴染みやすいので、その特性を十分に活用するといいでしょう。

学校での英語学習に比べてもよりハイレベルで的確な指導が期待でき、ネイティブ環境に身を置けるという最高の環境が英会話スクールです。

オンライン英会話

もちろん、オンライン英会話でも子ども専用カリキュラムや教材が用意されています。
それはどれも優れたものばかりで、英会話教室とほとんどかわりません。

しかし、大きな違いは子どもが真近で触れ合って学ぶカリキュラムがないという事です。

それはもちろんし仕方がないことですが、子どもは見たり聞いたりしながら日々の言葉を覚えていきます。カードゲーム、ボール遊びなどしながら、その過程で動作を使った英語を覚えていきます。

その大事な部分がオンライン英会話で物理的に英会話教室に劣ってしまいます

英会話教室で正しく英語の発音を学べる②

英会話教室

英会話教室の講師は一定水準の英会話レベルを備えた講師がほとんどです。

シェーン英会話教室の場合、CELTA・CertTESOL等の定められた指導資格を持った人材のみが講師として採用

シェーン英会話の講師はイギリス人なので
主にイギリスで認められた英語を母国にしない
人向けの講師の資格です。

CertTESOL
 ↓
TESOLの証明書は、ロンドンのトリニティカレッジによる
「他の言語を話す人のための英語」の
指導で授与された認定プロフェッショナル資格です。

CELTA
 ↓
イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構が認定している、
英語母国語としない人に英語を教えるための英語教授法資格です。


(※大手英会話教室は、海外から直接雇用する場合もあるため人選は厳しく優秀な講師が招かれる場合がほとんど。)

そのため、小学生の内から身近な環境の中で、正しい英語の発音やイントネーションに耳を鳴らすことができることは大きなメリットだといえます。

早いうちから英会話のスピードに慣れておくことは、英語上達への近道だといえます

実際に、ネイティブの講師が目の前にいると口の動きやイントネーションなどの臨場感が味わえることでに英語で話す恐怖心がなくなるのです。

オンライン英会話

オンライン英会話の多くの講師はフィリピン人なので
発音がネイティブと同じかと言えばそうではありません。

小学生や幼児ならば英語学習する時間をネイティブ英語にあてた方がいいです。
はじめて耳に入ってくる英語がネイティブ発音ならばこれが基準になるからです。

これから、長く英語学習を行っていく上でここで基本となる土台をしっかり
つけておく必要があります。オンライン英会話ならば、講師がネイティブのスクールの方が英語耳になりやすいし、発音が耳慣れしてくるでしょう。

ポイント
  • 社会人が英語を学ぶ際には、ビジネス英語ならば自分の意思が伝わればOKと解釈する方もいます。
  • 大学生ならそれなりに(音声などで)ネイティブの発音を聞いているでしょう。
    ※ネイティブ英語の発音をきいていいるので、発音が少しおかしければ「訛りがあるな」と解釈もできます。

英会話教室で友達の輪が広まる③

英会話教室

同じ志を持った仲間が教室内に増えることも大きなメリットです。

英会話教室にお子様を通わせることで、お子様にとって学校以外の居場所が増える可能性が広がります。たとえ英語学習でお子様が挫折を感じてしまっても、友達に会えるから行くという理由で、勉強のモチベ―ションアップの期待もできます


これが英会話教室に行くもっとも大きな要因です。

オンライン英会話

オンライン英会話は自宅での学習なので、
とにかく予想以上にモチベーションを保つのが難しいです。

冒頭の方にも書きましたが、子どもは気分に非常に左右されますので、
子どもをオンライン英会話の時間に合わせて学習させるというのが
親の役目になってしまいます。

これは体験レッスンではわからない事です。

【必見】子供向けオンライン英会話と英会話教室の決定的な違いを3つ解説!まとめ

いかがでしたでしょか?

最近はオンライン英会話が流行ってきています。
しかし、幼児、小学生は非常に多感で違う文化や語学を受け入れやすい年齢なので、そういう時だからこそ、実際にネイティブ英語に触れる事ができる英会話教室をお勧めします。

  • 小学生向け英会話教室のカリキュラムが充実している
  • 英会話教室で正しく英語の発音を学べる
  • 英会話教室で友達の輪が広まる

主に、この3つを兼ね備えている英会話教室シェーン英会話教室、NOVA、ベルリッツです。

全国に点在していますが、同じ理念で教室運営をしているので、無料体験で現場の感覚をお子さんと体験してみてください。

全国208校、創業40年の老舗英会話スクール【シェーン英会話】 3歳からのこども英会話 NOVAバイリンガルKIDS

タイトルとURLをコピーしました