オンライン英会話まとめ記事はこちら!

【小学生の英語教育】苦手意識を解消!小学生英語の学習方法大解説!

英語学習

小学生のお子様を持つ親御様の中には、お子様の学校での勉強について頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その中でも、英語教育に関してのお悩みを抱えた方は特に多く見られます

今回は、お子様の英語への苦手意識をどのように解消すると良いか、その解決方法について紹介していきたいと思います。

子供が英語を苦手に思うポイント

まずは、何故お子様が英語に対して苦手意識を持つのかということについて、ポイントを絞って紹介していきたいと思います。

英語への苦手意識を克服するためにもおさえておきましょう。

英語に興味がない

一つ目のケースは、シンプルに英語への興味・関心が薄いパターンです。

小学生までにあまり英語に触れる機会がないと、英語に興味を持つこと自体が珍しいです。

この場合、お子様が親しみやすい方法で英語に触れさせることが有効だといえます。

英語を話すのが恥ずかしい

こちらは、英語に興味がないわけではないけれど、話したり聞くのが恥ずかしいといったパターンです

周りに英語に親しむ友人などがあまりいない場合、このパターンが見られることが多いです。

アドバイザー
アドバイザー

初めて英語を話すとき、慣れない英語の発音を上手くできるか不安で恥ずかしいといった経験は、多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか

この場合は、ご家族で英語でのコミュニケーションを取り入れるなど、子供が失敗を恐れず英語を話せる環境を作ってあげましょう。

英語の勉強が理解できない

最後は、そもそもお子様の英語に対する理解度が、勉強速度に追い付いていないパターンです

英語の文法は、日本語の文法とは全く違うため、理解するのに時間がかかります。

加えて小学生は、沢山の科目を勉強しないといけないため、手一杯になってしまうことも。

解決方法としては、親子で一緒に勉強をすることや、学習塾を利用して、計画的に勉強を進めるといったことがあげられます。

そういった垣根を一つづつ解決していくのが、優れたキッズ向けのオンライン英会話スクールでもあります。

ご自宅に日頃から本物の英語に触れる環境を【Cambly Kids(キャンブリーキッズ)】

英語学習の苦手意識を取り除く、一番大事なこと

まず最初に、小学生のお子様に、英語を苦手に思わせないようにする一番大事なことをお伝えします。

それは、何事も無理に強制しないということです。

次に説明する方法は、英語に興味を持ってもらうための方法ですが、
まだお子様の英語への興味が薄い段階でやりすぎてしまうと、
かえって英語嫌いになってしまう可能性もあります。

お子様が嫌がらない範囲で学習を進めましょう。

アドバイザー
アドバイザー

また、お子様は親の好みに追随しやすいので、あなた自身が英語を好きという姿勢を見せると、お子様も英語をより受け入れてくれるでしょう。

ご自宅に日頃から本物の英語に触れる環境を【Cambly Kids(キャンブリーキッズ)】

小学生におすすめの英語学習方法3選

ここでは、小学生のお子様が持つ、英語への苦手意識を解消するための学習方法を紹介していきます。

上記の小学生が英語を苦手に思うポイントと合わせてどうぞ。

英語の映画や歌などで、英語への抵抗感をなくす

お子様の英語勉強への意欲を高めるためにも、まずは英語というものに親しみ、慣れてもらうことが大切です。

その為に有効なのが、英語の映画や歌を聴かせるという方法です。

吹き替えではなく字幕で見てもらい、英語への慣れを促しましょう。

アドバイザー
アドバイザー

ディズニー映画やミュージカル映画などは、英語で作られたものでありながら子供に人気のコンテンツですよね。

また、車などで洋楽を流しておくことも有効です。

これらは、自主的に英語を学習するようになる最初のステップだといえます

英語の絵本を活用して、一緒に勉強する。

英語の絵本をお子様に読み聞かせし、一緒に勉強する姿勢を見せてあげましょう

分からない英単語は一緒に調べ、英語の発音も一緒にすると良いです。

その際に、失敗したり多少下手な発音でも、責めずに肯定してあげましょう。

英語を話せるようになるには、勇気が必要です。

発音の矯正などは、小学生ならばまだまだ後でもできるので、
まずは自主的に口から英語を話させることに重きを置くとよいです

3.外国人のコミュニティに触れさせる。

ネイティブのコミュニティが周りにある方や、
ネイティブの知り合いがいる方は、積極的にお子様と関わりを持ってもらいましょう。

ネイティブの方が話す英語に、早いうちに触れていくことで、
自分の中で英語が当たり前になり、自分から英語を話すようになります

コミュニティなどが周りにないという方は、
英語のアフタースクールなどにお子様を通わせるのも一つの方法です。

アフタースクールの関する記事がありますので、参考にしてみてください。

アフタースクールではネイティブやバイリンガルの講師の下で、英語圏の文化の疑似体験ができます。

また、海外旅行に積極的に連れて行くことも有効な方法です。

【小学生の英語教育】苦手意識を解消!小学生英語の学習方法大解説! まとめ

いかがでしたか?

小学生のお子様の英語への苦手意識を克服するためには、英語への興味を持ってもらうことが重要だということが、おわかりいただけたでしょうか?

・英語の映画や歌で、英語に慣れてもらう

・英語の絵本を一緒に読んで、一緒に勉強する姿勢を見せる

・ネイティブスピーカーに触れさせて、英語文化に慣れてもらう

・決して無理強いをしない

お子様の英語教育にお役立てください。

お近くにある英会話スクールで環境を体験させても子供の為にいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました