【経験者】海外で働く方法で一番確実性が高いのは寿司職人になること

ビジネス

この記事では海外で働きたいという方のための記事です。

様々な働き方がありますが、 私が経験してきた中で一番確実性の高い就職方法というものは寿司職人になることです。

少し時間がかかりますが、寿司職人になる為の方法をこの第一で解説していきます。

この著者
寿司職人25年で日本で店舗経営、不動産貸付業など様々な事業を行っています。
プロフィールを参照にしてください。

海外で働ける寿司職人なる3つの方法

伝統的なやり方から将来を見越したやり方まで 主に3つのやり方があります

正統派寿司屋で修行

このやり方は非常に丁寧ですが時間がかかります最低5年から8年ぐらいかかって技術を身に付けることができます。

しかし、少し体質が古いやり方です。

寿司という技術において非常に伝統的やり方を重んじますでも現代においては寿司の技術だけではマネジメントすることができず、後々に店舗運営するのが非常に大変な勉強の仕方です。

少人数の店舗向ですが、もし仮に多店舗化かしたいという方には不向きです。

寿司アカデミーで勉強して海外にいく

このやり方は数年前から行われていますが、多少お金がかかりますがこれは未経験者がやるには非常にスマートなやり方だと思います。

ある程度の資金を投入することによって、そのスキルから就職安全までしてくれると言うスタイルなのでこれは一番正当なやり方です。

寿司の技術をつけるという面においたら、これは非常に効率的で早く技術がつき実践的になるやり方です

店舗展開している寿司会社、最低20店舗以上

  実は、この3番目が一番確実性が高いです。

yasu
yasu

私の経験から言うと寿司を握れるという技術までなるのには約1年から2年かかりますね。そのうえ、店舗マネージメントも勉強できます。

実店舗でマネージメント力が向上して人材育成など様々な経験ができる。

実はこれは後々、最高のスキルになるのです。.

さらに、何が良いかと言うと渡米してからのマネジメントスキルが評価される。

yasu
yasu

た場合でも自分の店舗を持ってたり、他の店でマネージャーとしても、マネジメントスキルや寿司のスキル両方が重なり合うことによって自分の価値が非常の高くなる。

※日本でも店を持つ事も出来ますが、店舗マネジメントして店舗を拡大していく素質というのは、このような会社にいないと身についていきません。

そんなことができるのはこのような会社で寿司の技術を付けるやり方です。

寿司以外で海外就職するには。

寿司以外ではどうかというと、はっきり言ってこれは非常に難しいです。

もちろん、よほど特殊なものを持っていればいいのですが、一般人ではまず難しいでしょう。

今日本にいて「海外で働きたいなあ」と思ってもまず難しいです。

しかし

yasu
yasu

仮に寿司職人という技術を持っていれば、極端な話、今すぐに世界中の自分のいきたい国の寿司屋にオファーすることもできます。そして間違いなく何かしらの返答が来るでしょう。

早ければ、来年からでもいけます。

その位、寿司職人は求められているのです。

寿司職人となった場合英語はどうか。

これに関してみたら様々なことが書いてありますが、明らかに英語力が必要です。

特に寿司職人においては、カウンター越しのお客様の対応が基本的ビジネスモデルになります。

もちろん一人で対応するわけではありませんが、現地の日本人スタッフ、現地のネイティブなどもいます。しかし、基本的にはお客様対話というのが大切なビジネスモデルのです。

この場合においては TOEFL や TOEIC 英検の勉強というスタイルよりかは、日常英会話というのは非常に重要視されてきます。

私はカナダに留学の経験があったからこそ、ものすごく大変というわけではありませんでした。
しかしそういった経験がないと非常に苦労します。

お客様が話している英語というのは、基本的な日常英会話です。特にネイティブ同士の話なので、ほとんど聞き取ることは難しいです。

それに対して受け答えなど、常日頃からやっていないとなかなかできるものではありません。

その場合には少なくても、毎日話すという勉強をする必要があります。

やはりオンライン英会話なので自分の英語力を常に鍛え上げて慣らしていくという繰り返しが必要でしょう。

まずは海外就職したい人は

少し遠回りかもしれませんが、料理人になるという事も手段の一つです。

一度、他国に入ってしまえば、後々現地の日本人なかよくなり色々な情報が入ってきます。

もしかしたら現地の会社でツアーコンダクターとしても働けるかもしれません。

とにかく初めの手段としては寿司職人になるのは最適な方法です。

【経験者】海外で働く方法で一番確実性が高いのは寿司職人になること まとめ

いかがでしたでしょうか

今回はまず、どうやって寿司職人になるのかということも簡単に説明しました。

  • 伝統的な寿司屋で修行
  • 寿司アカデミーで勉強
  • 多店舗展開している寿司会社で勉強
  • 日常英会話の必要性が高い
  • まずは、こうような大枠な感じを理解していただけたいいと思います。

    次回は海外の寿司屋の転職、現場ではどうなのか、給料面などをパート2で解説していきます。

    タイトルとURLをコピーしました