オンライン英会話を使い倒す!教養としてのシェイクスピアを試す①

英語学習
ええいえいgえいごw英語wお

オンライン英会話を通して知識、知恵を展開できる力が必要

オンライン講師にレッスンのたび、本日のシェイクスピアの格言を1フレーズ伝えてみよう。


20代ではじめた事を一生やり続けるわけではない。自分の専門知識を活かしつつもされに固執せず社会のニーズ、変化や研究の進展に応じて自分の知識、知恵を「展開」出来る力
つまり様々な分野で柔軟性をもって知恵を流動させる必要がある

その分野でわたり歩くには自分の専門領域が他のどのよな専門領域と関連しているのかを常に意識する必要がある。

そして、社会全体の中において自分の専門がどのよな位置をしめているのか。

それを知る必要がある。

「学びを拡張しよう」「キャリアのポテンシャルを高めよう」というコンセプトが大事ということ

専門性に特化しすぎると視界の限界を感じその先が見えない事になる。
専門性を鍛えコミュニケーションズ力、プレゼン力ばかりをきたえるのではなくて、知識の拡大や思考力の強化がセットになって初めてコミュニケーション力は生かされてくる。

経済的な問題を議論しているときに、自然とシェークスピアや聖書の一節が出てくると強いですよ。

権力ではなくひとつの権威、知的権威になる

シェイクスピアの英語の名言(1)


1.To be,or not to be…….

To be, or not to be: that is the question.

 
生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ。


2.You gods,will give us……

You gods, will give us. Some faults to make us men.-

 
神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。


3.There is nothing either good…….

There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.-

 
物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。


4.Ther is a tide in the……

There is a tide in the affairs of men. Which, taken at the flood, leads on to fortune; Omitted, all the voyage of their life. Is bound in shallows and in miseries.

the affairs of , leads on to fortune

 
人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。


5.Love like a shadow flies…..

Love like a shadow flies when substance love pursues; Pursuing that that flies, and flying what pursues.

 
恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。


6.A fool thinks himself…..

A fool thinks himself to be wise, but a wise man knows himself to be a fool.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。


7.Expectation is the root….

Expectation is the root of all heartache.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
期待はあらゆる苦悩のもと。


8.The worst is not…..

The worst is not, So long as we can say, ‘This is the worst.’

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。


9.Women are as rose, whose…..

Women are as roses, whose fairflower being once displayed, doth fall that very hour.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
女はバラのようなものでひとたび美しく花開いたらそれは散る時である。


10.Neither a borrower nor a lender be…..

Neither a borrower nor a lender be; For loan oft loses both itself and friend, And borrowing dulls the edge of husbandry.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。


11.Most subjects is the…..

Most subject is the fattest soil to weeds.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
肥えた土ほど雑草がはびこるものだ。


12.Poor and content is rich and rich enough….

Poor and content is rich and rich enough; but riches endless is as poor and winter to him that ever fears he shall be poor.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。


13.Brevity is the soul ……

Brevity is the soul of wit.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
簡潔こそが英知の真髄である。


14.So may the outward shows be…..

So may the outward shows be least themselves: The world is still deceived with ornament.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。


15.The labor we delight…..

The labor we delight in cures pain.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。


16.Presrent fears. Are lesss….

Present fears. Are less than horrible imaginings.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
眼前の恐怖も想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない。


17.Sweet are the used of adversity…

Sweet are the uses of adversity, Which, like the toad, ugly and venomous, Wears yet a precious jewel in his head.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。


18.There ’s beggary tin the ….

There’s beggary in the love that can be reckoned.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
計算された恋は卑しいものだ。


19.All the world’sa stage, And…..

All the world’s a stage, And all the men and women merely players: They have their exits and their entrances; And one man in his time plays many parts, His acts being seven ages.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。舞台は年齢によって七幕に分かれているのだ。


20.The better for my foes….

The better for my foes and the worse for my friends.

- Shakespeare (シェイクスピア) -

 
敵のおかげでいいめを見、友だちのおかげで悪いめを見てるところだ。

世界文学の名言 Quotes from Literature【日英対訳】

オンライン英会話で使ってみる、教養といてのシェイクスピア①     まとめ

いかがでしたでしょうか?

よく意味わからない、これって必要?という疑問の声があるかもしれもせん。しかし、今後ビジネスを展開していくなど具体的な目標、人と会話を交わすことがこれから増えるよな仕事に就くのならばこれらは必須です。

日本人同士はあまりそれほどかもしれませんが、海外の方々は私たちが思っている以上に教養があります。また多くの本を読んでいます。

ビジネスばかりの本ではなくて、教養としての本です。ちゅっとした時にこんなフレーズを使ってみてはいかがですか。きっとわかる相手は気を許すかもしれませんね。

少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

引用元: こちら

タイトルとURLをコピーしました